特産品のご紹介

  • 奥秩父から流れる澄んだ清流の水は、水が命とも言える、うどんづくりにも適しています。また、良質の麦の産地でもあり、秩父名物の郷土料理には「おっきりこみうどん」という料理があるほど、うどんは昔から秩父で親しまれてきました。ぜひご賞味ください。

    詳しくはこちら>

  • 秩父は良質の蒟蒻芋の特産地として知られており、山間部で育った蒟蒻芋を使用するため、歯ごたえがあり、天然食物繊維をたっぷり含んだこんにゃくになります。地元では、みそおでんとしても昔から親しまれてきました。

    詳しくはこちら>

  • 秩父の美味しいお水を使用し、名産品を素材に使った、健康にも優しい秩父ならではの美味しいジャムです。ぜひご賞味ください。

    詳しくはこちら>

  • 秩父の美味しいお水を使用し、名産品を素材に使った、秩父ならではの美味しいゼリーです。ぜひご賞味ください。

    詳しくはこちら>

  • 秩父地方は古くからそばの産地として有名です。秩父地方ならではの気候や環境は、そばの栽培に適しており、風味豊かで腰が強く、美味しい秩父のそばは、伝統的な郷土の味として親しまれてきました。

    詳しくはこちら>

  • 秩父で最も有名な漬け物といえば、特産のしゃくし菜漬。しゃくし菜は葉がしっかりしていて、漬け物にするとシャキシャキした歯ごたえが残り、秩父地方では自家用のしゃくし菜漬けを仕込んでいる家も多くみられるほど地域になじんだ漬け物です。そのほか、秩父で人気の漬け物もご賞味ください。
  • 詳しくはこちら>

  • 秩父の寒暖の差が激しい気候、そしてアルカリ性の土壌はブドウ栽培に最適な環境です。秩父では、昭和15年に埼玉県初のワイナリー「秩父ワイン」が誕生し、ワイン醸造が行われるようになりました。1959年、二人のフランス人神父に「ボルドーの味」と賞賛された地ワインをぜひご堪能ください。

    詳しくはこちら>

  • 実は埼玉県は、「日本酒の生産量が多い都道府県トップ10」に入るほどの酒処でもあります。 江戸時代には、江戸に近く、街道が発達していたことからたくさんの酒蔵が出来、栄えました。ここ秩父でも、歴史の古い酒蔵が今も脈々と受け継がれる美酒を造り続けています。

    詳しくはこちら>